相続放棄のご相談は当センターにお任せ下さい

当センターはご依頼者様にご安心いただけるサービスを心掛けております。

ひらめき 専門家である司法書士が親切に対応します

 専門家である司法書士が親切にわかりやすい言葉で直接対応し、慣れない手続きに関する不安を和らげます。

 

ひらめき はっきりとした相続放棄費用

 申立手続きに必要な実費や司法書士手数料を相続放棄費用ページで明示しています。

 

ひらめき 一度のご来所でOK

 ご依頼の際は一度ご来所をいただきますが、後は当センターで手続きを代行いたしますので、お忙しい中何度も事務所へご来所いただくことはありません。ご連絡は郵送、お電話、メール等で随時させていただきます。

 どうしてもご来所が難しい場合は、ご相談いただければ対応させていただきます。

 

ひらめき 3ヶ月経過後の相続放棄のご相談も可能です

 相続放棄は相続開始から3ヶ月以内に手続をすることが原則です。しかし、3ヶ月を経過してしまったら申立てが絶対に認められない訳ではありませんので、あきらめないでご相談下さい。3ヶ月経過後の相続放棄のご相談こちらです。

相続放棄をご検討の皆様へ

 相続放棄とは、お亡くなりになられた方の財産(預金・不動産など)や負債(借金・ローンなど)のどちらも相続せずに、相続人としての地位を放棄する手続きです。
 この手続きは、原則として相続開始後3ヶ月以内に必要書類をそろえて、家庭裁判所に申立てをしなければなりません。3ヶ月を過ぎると自動的に相続をしたものとみなされてしまうので注意が必要です。

 

 親が亡くなってしばらくした後、突然金融機関やカード会社から子に対して、親の借金の支払請求書が届くケースも珍しくありません。突然自分が借金やローンを負う可能性があるということになれば、誰しも驚き不安に感じると思います。
 当センターでは、ご相談者様に安心して相続放棄手続きをしていただくために、必要書類のご案内ご依頼から解決までの流れ相続放棄費用、申立て後の対応にいたるまで司法書士がわかりやすい言葉でご説明いたします。

 

 相続放棄をするかしないかは大変重要で、それにより人生が大きく変わってしまうこともあり得ます。
のんびりしていると3ヶ月はあっという間に過ぎてしまいますので、相続放棄をご検討の方はお早めに専門家にご相談されることをお勧めいたします。

ご相談事例

下記のような事例でお困りの方は当センターへご相談ください。


  • 親が借金を残してお亡くなりになったが借金を相続したくないケース
  • 突然、金融機関やカード会社から親族の借金の支払請求が来たケース
  • 相続争いや面倒な相続手続きに巻き込まれたくない場合
  • 相続開始から3ヶ月以上経って被相続人の借金が判明した場合
相続放棄あんしん横浜手続きセンター
お電話・お問い合わせフォームにて、お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL 045‐662−0828
FAX 045‐663−0803
お問い合わせフォーム

営業時間 月〜金曜日 9時〜18時
ご予約をいただければ、18時以降・土曜日もご相談いただけます。

〜元町中華街駅 徒歩5分・石川町駅 徒歩5分〜
近隣に有料駐車場多数あり