相続放棄あんしん横浜手続きセンター

[*]前へ  [#]次へ

3ヶ月経過後の相続放棄

 相続放棄は、相続開始から3ヶ月以内に手続きをすることが原則です。しかし、3ヶ月を経過してしまったら相続放棄が絶対に認められない訳ではありません。

 相続人が、相続財産や借金が全くないと信じてもやむをえない事由があると家庭裁判所が判断した場合には、3ヶ月の期間を過ぎてしまっていても相続放棄ができる場合があるのです。

 

  例えば、故人の相続財産の調査を入念に行っても借金を把握できなかったのに、金融業者から相続開始後3ヶ月以上過ぎてから多額の借金の請求通知が届いたケースなどが考えられます。

 

 こうした事情を説明した書面や証拠となる書類などを裁判所に提出し、相続放棄が認められるかどうか、家庭裁判所の判断を仰ぐことになります。

 裁判所へ提出する事情説明文書の作成には別途費用が必要になります。


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
相続放棄あんしん横浜手続きセンタートップページ