相続放棄あんしん横浜手続きセンター

[*]前へ  [#]次へ

相続放棄をご検討の皆様へ

 相続放棄とは、お亡くなりになられた方の財産(預金・不動産など)や負債(借金・ローンなど)のどちらも相続せずに、相続人としての地位を放棄する手続きです。
 この手続きは、原則として相続開始後3ヶ月以内に必要書類をそろえて、家庭裁判所に申立てをしなければなりません。3ヶ月を過ぎると自動的に相続をしたものとみなされてしまうので注意が必要です。

 

 親が亡くなってしばらくした後、突然金融機関やカード会社から子に対して、親の借金の支払請求書が届くケースも珍しくありません。突然自分が借金やローンを負う可能性があるということになれば、誰しも驚き不安に感じると思います。
 当センターでは、ご相談者様に安心して相続放棄手続きをしていただくために、必要書類のご案内ご依頼から解決までの流れ相続放棄費用、申立て後の対応にいたるまで司法書士がわかりやすい言葉でご説明いたします。

 

 相続放棄をするかしないかは大変重要で、それにより人生が大きく変わってしまうこともあり得ます。
のんびりしていると3ヶ月はあっという間に過ぎてしまいますので、相続放棄をご検討の方はお早めに専門家にご相談されることをお勧めいたします。


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
相続放棄あんしん横浜手続きセンタートップページ